Wixで作った会社のHPに効果がない?集客や反応がない理由

Wixは、自分で手軽にホームページを作成できるサービスとして人気があります。しかし、もし他人に依頼してホームページを作成してもらう場合、Wixのようなサービスは適していないかもしれません。Wixは、自分でデザインやコンテンツを自由に編集することが前提となっているため、ココナラなど他人に依頼して作成してもらうと、その利便性や柔軟性が十分に活かせないことが多いのです。

特に契約上、勝手にページを増やせなかったり著作権を主張されて変更ができないなど、トラブルは多いです。

今回の記事では、Wixを利用して他人にホームページを作成してもらった場合に反応がない理由と、その対策について詳しく解説します。

山本ブレンド
広告宣伝 Webディレクター/山本ブレンド

SEOやWordPress運用に長年携わっているフリーランス・SEOエンジニア・Webマーケティング。今ある価値をブレンドして集客につなげます!お手元の放置HP・更新してない事業HP・使ってないHP、私たち集客のプロクリエイティブチームが御社のプラスを作りますよ!→LINE問い合わせ

そもそも作った会社のWixサイトが検索しても出てこない

そもそも作った会社のWixサイトが検索しても出てこない!お問い合わせがない!そんなトラブルを聞くようになりました。実は些細なズレなのかもしれません。

WixにはWixの良さがあるのですが、うまく機能してないのはなぜなのでしょうか?まずはWixの良さから探っていきましょう。

Wixで会社のHPを運用するメリットとデメリット

Wixを使うメリット

  • 使いやすいインターフェース
  • コストの節約
  • 多彩なテンプレート
  • サポート体制
使いやすいインターフェース

Wixの最大のメリットは、その使いやすさです。プログラミングの知識がなくても、直感的なドラッグ&ドロップ機能を使って簡単にウェブサイトを作成できます。これにより、専門家に依頼することなく、自分でウェブサイトを管理・更新することができます。

コストの節約

Wixは比較的低コストで利用できるプランを提供しています。基本的なウェブサイトを無料で作成することも可能で、有料プランでも他のウェブ開発サービスに比べて手頃な価格で利用できるため、小規模なビジネスや個人事業主にとって非常に経済的です。

多彩なテンプレート

Wixでは、プロフェッショナルなデザインのテンプレートが豊富に用意されています。これらのテンプレートはカスタマイズ可能で、業種や目的に合わせて簡単に見た目を整えることができます。テンプレートを利用することで、短時間で美しいウェブサイトを作ることができます。

サポート体制

Wixは充実したサポート体制を持っています。ヘルプセンターやコミュニティフォーラム、チュートリアルビデオなど、初心者でも安心して利用できるようにサポートが整備されています。また、必要に応じて有料のカスタマーサポートを利用することも可能です。

Wixを使うデメリット

カスタマイズの制限

Wixはその使いやすさの反面、カスタマイズの自由度には限界があります。高度なデザインや機能を実装する際には、他のプラットフォームに比べて制約を感じることがあります。特に、特別なプラグインやカスタムコードを使用する場合には、Wixの制限が問題になることがあります。

高度なSEO設定が難しい

Wixは基本的なSEO機能を提供していますが、専門的なSEO対策を行うには限界があります。特に、複雑なサイト構造や特定のSEO要件を満たすためのカスタム設定が必要な場合には、他のプラットフォームに比べて不便を感じることがあるかもしれません。

大規模なサイト運営に向かない

Wixは小規模から中規模のウェブサイトには最適ですが、大規模なサイト運営には向いていません。大量のコンテンツを管理したり、複雑な機能を追加したりする場合には、他のCMS(コンテンツ管理システム)を検討する方が良いでしょう。

データのエクスポートが難しい

Wixで作成したウェブサイトのデータを他のプラットフォームに移行するのは簡単ではありません。データのエクスポート機能が制限されているため、将来的に他のプラットフォームに乗り換えたいと考えた場合には、手間がかかることがあります。

Wixで作った会社のHPが反応しない主な原因

ターゲット層とのミスマッチ

  • 誤ったターゲット設定
  • ターゲットのニーズに合わないコンテンツ
誤ったターゲット設定

ウェブサイトが狙うべきターゲット層を正しく設定していないと、訪問者が興味を持たずに離れてしまいます。例えば、若年層をターゲットにした商品を販売しているにもかかわらず、中高年向けのデザインやコンテンツを提供していると、ターゲット層に響かない結果となります。ターゲット層を明確にし、その層に合わせたデザインやコンテンツを提供することが重要です。

ターゲットのニーズに合わないコンテンツ

ターゲット層が求める情報やサービスを提供できていない場合、ウェブサイトの反応が悪くなります。ターゲットのニーズを理解し、それに応じたコンテンツを提供することが求められます。例えば、製品の使用方法を詳しく説明した記事や、よくある質問のページを充実させるなど、ターゲット層が求める情報を提供することで、ウェブサイトの反応を改善することができます。

SEO対策不足

適切なキーワードの使用がされていない

SEO対策が不十分な場合、検索エンジンからの流入が減少し、ウェブサイトの訪問者数が伸び悩む原因となります。適切なキーワードを使用し、タイトルタグやメタディスクリプションに反映させることが重要です。また、キーワードの調査を行い、競合サイトと比較してどのキーワードが効果的かを分析することも必要です。

メタデータの欠如

メタデータ(タイトルタグやメタディスクリプション)が適切に設定されていないと、検索エンジンのランキングが低下します。メタデータは検索エンジンにウェブサイトの内容を伝える重要な要素であり、適切に設定することで検索結果に表示されやすくなります。これにより、ウェブサイトへの訪問者数が増加する可能性が高まります。

デザインの問題

ナビゲーションがわかりにくい

ウェブサイトのナビゲーションが複雑でわかりにくい場合、訪問者は目的の情報を見つけられずにサイトを離れてしまいます。シンプルで直感的なナビゲーションを提供することが重要です。例えば、メニューを整理し、重要なページへのリンクをわかりやすく配置することで、訪問者の利便性を向上させることができます。

見た目が古臭いデザイン

デザインが古臭いと、訪問者にプロフェッショナルな印象を与えることができず、信頼感が低下します。最新のデザイントレンドを取り入れ、洗練された見た目にすることで、訪問者に好印象を与えられます。例えば、モダンなレイアウトや高品質な画像を使用することで、ウェブサイトのデザインを一新することができます。

コンテンツの質

情報が不足している

提供する情報が不足していると、訪問者は必要な情報を得ることができず、満足度が低下します。詳細な情報を提供し、訪問者が求める疑問や悩みに答えるコンテンツを作成することが重要です。例えば、製品の詳細な説明やユーザーレビューを掲載することで、訪問者に価値のある情報を提供できます。

誤字脱字が多い

誤字脱字が多いと、ウェブサイトの信頼性が低下し、プロフェッショナルな印象を与えられません。コンテンツを公開する前に、必ず校正を行い、誤字脱字を修正することが必要です。また、定期的にコンテンツを見直し、最新の情報に更新することで、信頼性を維持することができます。

ターゲット層を正確に設定していますか?

ターゲット層の分析方法

ペルソナの設定

ターゲット層を正確に設定するためには、ペルソナの設定が重要です。ペルソナとは、典型的な顧客像を具体的に描いた仮想の人物像のことです。年齢、性別、職業、趣味、ライフスタイルなどを詳細に設定し、実際の顧客に近い人物像を作り上げることで、ターゲット層のニーズや行動を理解しやすくなります。これにより、より効果的なマーケティング戦略を立てることができます。

市場調査の重要性

ターゲット層を正確に把握するためには、市場調査も欠かせません。市場調査を通じて、競合他社の動向や市場のトレンド、ターゲット層の嗜好や行動パターンを把握することができます。アンケートやインタビュー、データ分析を行い、具体的なデータに基づいたターゲット層の設定を行うことが重要です。

ターゲット層に合ったコンテンツの作成

関心を引くトピックの選定

ターゲット層に合ったコンテンツを作成するためには、彼らの関心を引くトピックを選定することが重要です。ペルソナや市場調査の結果を基に、ターゲット層が興味を持ちそうなテーマや問題点を見つけ出し、それに対する解決策や有益な情報を提供するコンテンツを作成します。例えば、若年層向けの製品を販売している場合、トレンドや最新のファッションに関する記事が有効です。

ターゲット層に合った言葉遣い

コンテンツの内容だけでなく、言葉遣いもターゲット層に合ったものにすることが重要です。ターゲット層の年齢や趣味、ライフスタイルに合わせて、適切なトーンやスタイルでコンテンツを提供することで、より親近感を持ってもらうことができます。例えば、若者向けのコンテンツであれば、カジュアルで親しみやすい言葉遣いが効果的です。

デザインがユーザーに優しいものになっていますか?

ユーザビリティの向上方法

簡潔なナビゲーション

ユーザビリティを向上させるためには、ウェブサイトのナビゲーションを簡潔にすることが重要です。訪問者が目的の情報に迅速にアクセスできるように、メニューを整理し、主要なページへのリンクを分かりやすく配置します。シンプルで直感的なナビゲーションは、ユーザーエクスペリエンスを向上させ、訪問者の離脱率を低減させる効果があります。

レスポンシブデザインの導入

現代のウェブサイトは、PCだけでなくスマートフォンやタブレットなど、様々なデバイスで閲覧されます。そのため、どのデバイスからでも快適に閲覧できるように、レスポンシブデザインを導入することが必要です。レスポンシブデザインとは、画面サイズに応じてレイアウトが自動的に調整されるデザインのことです。これにより、ユーザーがどのデバイスを使用しても、快適にウェブサイトを利用できるようになります。

見た目の重要性

カラーコーディネーション

ウェブサイトの見た目を良くするためには、カラーコーディネーションが重要です。色彩は訪問者の印象を大きく左右し、ブランドイメージを強調する役割も果たします。企業のイメージやメッセージに合わせて、統一感のあるカラーパレットを選定し、全体のデザインに調和させることで、プロフェッショナルな印象を与えることができます。

一貫性のあるデザイン

デザインの一貫性も重要なポイントです。フォント、アイコン、ボタンのスタイルなど、ウェブサイト全体で統一されたデザインを採用することで、訪問者にとって見やすく、使いやすいサイトを提供することができます。一貫性のあるデザインは、ブランドの信頼性を高める効果もあります。

コンテンツの質が高いかどうかの確認

良質なコンテンツの特徴

情報の正確性

良質なコンテンツを提供するためには、情報の正確性が最も重要です。誤った情報や古い情報を提供すると、ユーザーの信頼を失い、サイトの評価が下がってしまいます。情報源を明確にし、信頼性の高いデータや事実に基づいたコンテンツを作成することが求められます。

ユーザーに価値を提供する内容

コンテンツはユーザーにとって価値のあるものでなければなりません。ユーザーが抱える問題や疑問を解決するための有益な情報を提供することで、サイトの信頼性と訪問者の満足度を高めることができます。具体的なアドバイスや実践的なガイドラインを含むコンテンツは、特にユーザーにとって価値が高いと評価されます。

コンテンツの更新頻度

定期的な更新の重要性

コンテンツの定期的な更新は、ウェブサイトの活気を保ち、訪問者に新しい情報を提供するために重要です。定期的に新しい記事や情報を追加することで、検索エンジンの評価も向上し、サイトの訪問者数を増やすことができます。ブログ記事やニュースセクションを活用して、最新の情報を提供しましょう。

古い情報の削除

古い情報や既に役立たないコンテンツを残しておくと、サイトの信頼性が低下する恐れがあります。定期的にコンテンツを見直し、古くなった情報を更新するか削除することで、常に最新で有益な情報を提供することができます。これにより、訪問者にとって有用なリソースとしての価値を維持できます。

ページの読み込み速度が遅くなっていませんか?

読み込み速度の測定方法

GTmetrixやGoogle PageSpeed Insightsの使用

ウェブサイトの読み込み速度を測定するために、GTmetrixやGoogle PageSpeed Insightsのようなツールを活用しましょう。これらのツールは、ページのパフォーマンスを評価し、改善すべき点を具体的に示してくれます。定期的にスピードテストを行い、ウェブサイトのパフォーマンスを監視することが重要です。

スピードテストの実施

スピードテストを定期的に実施することで、ウェブサイトの読み込み速度を把握し、問題が発生した際に迅速に対応できます。スピードテストの結果を基に、具体的な改善策を講じることができます。これにより、ユーザーエクスペリエンスの向上と検索エンジンでの評価向上が期待できます。

速度改善のための対策

画像の最適化

ウェブサイトの読み込み速度を向上させるためには、画像の最適化が重要です。高解像度の画像はページの読み込みを遅くする原因となるため、適切なサイズにリサイズし、圧縮することでページのパフォーマンスを改善できます。WebP形式などの次世代画像フォーマットを利用することも効果的です。

Wixで作った会社のHPは、自分じゃ更新できない契約で制作していませんか?

更新できない契約のデメリット

ウェブの更新頻度が下がる

自分で更新できない契約でウェブサイトを制作すると、更新のたびに制作者に依頼する必要があり、そのたびにコストと時間がかかります。この結果、ウェブサイトの更新頻度が低下し、最新情報を提供する機会を逃してしまうことがあります。特に、迅速な情報提供が求められるビジネスにおいては、大きなデメリットとなります。

ノーコードの利便性が失われる

Wixの大きな魅力は、プログラミングの知識がなくても簡単にウェブサイトを作成・更新できるノーコードの利便性です。しかし、自分で更新できない契約にすると、この利便性を活かすことができません。自分で編集できる自由を失うことで、必要なときに柔軟に対応できなくなり、ビジネスの機動力が低下する可能性があります。

コンテンツが古くなりやすい

更新を制作者(更新している人)に依頼する場合、どうしてもタイムラグが発生しがちです。その結果、ウェブサイトに掲載されるコンテンツが古くなりやすく、ユーザーにとっての有用性が低下します。

特に、頻繁に更新が必要なコンテンツ(ニュース、イベント情報、ブログなど)については、自分で迅速に更新できることが重要です。

これにより、常に最新の情報を提供することで、ユーザーの信頼を維持することができます。

以上のように、自分で更新できない契約でWixのウェブサイトを制作すると、いくつかのデメリットがあります。ウェブサイトの更新頻度が下がり、ノーコードの利便性が失われることで、ビジネスに悪影響を及ぼす可能性があります。自分で更新できる自由を確保することが、ウェブサイト運営の成功につながる重要な要素です。