Google、長所・短所を伝える構造化データPros and Cons(プロコン)開始

山本ブレンド
広告宣伝 Webディレクター/山本ブレンド

SEOやWordPress運用に長年携わっているフリーランス・SEOエンジニア・Webマーケティング。今ある価値をブレンドして集客につなげます!お手元の放置HP・更新してない事業HP・使ってないHP、私たち集客のプロクリエイティブチームが御社のプラスを作りますよ!→LINE問い合わせ

インターネットで情報を探すとき、手っ取り早く結論を望むことがほとんどですよね。その場合、主軸になってくるのが「良い点」「悪い点」です。良い点が自分にとって最大限のメリットになり、悪い点がどんなところなのか、自分にとって大きい影響があるマイナス点なのか、端的に知りたいはずです。

良い点・悪い点にも様々な言い方がありますよね。メリットデメリット、プラスポイント、マイナスポイント。利点・悪い点。長所・短所。

具体的にはPros and Cons(プロコン)の構造化データのサポートをするようになったということです。

検索エンジン側に良い点・悪い点を端的に伝える情報セットが増えたということで、レビューサイトをしている人などは検索結果上で検討してもらえそうですね。