[GA4]Google アナリティクス 4アクセス計測を除外する理由

分析に欠かせないGoogle アナリティクス 4 (GA4)では、そのままだと社員やスタッフのIPアドレスも計測してしまいます。

今回は[GA4]Google アナリティクス 4で社内・スタッフなどのアクセス計測を除外する理由と、そのままにしておくデメリット、その方法について、わかりやすく説明します。

山本ブレンド
広告宣伝 Webディレクター/山本ブレンド

SEOやWordPress運用に長年携わっているフリーランス・SEOエンジニア・Webマーケティング。今ある価値をブレンドして集客につなげます!お手元の放置HP・更新してない事業HP・使ってないHP、私たち集客のプロクリエイティブチームが御社のプラスを作りますよ!→LINE問い合わせ

社員やスタッフのIPアドレスを除外する方法

まずは「GA4」の管理画面から、「設定」メニューをひらきます。そして「管理」→「データストリーム」と進んでください。

ウェブ ストリームの一覧がでてくるので「ウェブ ストリームの詳細」に進みます。

タグ設定に移動しましょう。

設定一覧をすべてひらくと、内部トラフィックの定義があります。

内部トラフィックルールの作成を行います。

IPアドレスの欄に、「次と等しい」を選択して追加。traffic_typeはデフォルトで入力されている「internal」のままでOKです。

データフィルタページを開きます。

関連:[GA4] 内部トラフィックの除外|アナリティクスヘルプ

IPアドレスとは?

GA4でIPアドレスの除外設定をする前に、IPアドレスについて解説します。

IPアドレスとは「Internet Protocol Address」を略した言葉で、カンタンにいうとインターネットに接続しているPCやスマートフォンなど、ネットワーク上の端末に割り振られた番号のことを指します。

アクセス解析の現場では、IPアドレスによって接続している機器の地域情報などを把握することが可能です。たとえば北海道内からのアクセスが多いな!とかですね。

また、その他、IPアドレスは、ユニークユーザー数の集計などにも活用されています。何人がウェブサイトを閲覧しているか特定するためです。

社員やスタッフのIPアドレスを除外する理由

  1. データの精度向上
    • 社員やスタッフの訪問データを除外することで、実際の顧客や訪問者の行動をより正確に分析できます。これにより、マーケティングやサイト改善の判断材料としてのデータの信頼性が向上します。
  2. マーケティング戦略の最適化
    • 正確な訪問者データに基づいて、ターゲットに合ったマーケティング戦略を立てることが可能になります。社内の訪問データによるノイズがなくなることで、効果的な広告キャンペーンやコンテンツ改善を行えます。
  3. コストパフォーマンスの向上
    • 広告やマーケティングの予算を、実際の潜在顧客に効果的に使用することができるようになります。内部からのアクセスによる誤ったデータ解析に基づく無駄な出費を削減できます。
  4. ユーザー体験の正確な評価
    • 実際の顧客のみのデータを分析することで、ユーザー体験の問題点や改善点を正確に把握できます。これが、より良いウェブサイトへと繋がる改善策を導き出します。

IPアドレスを除外しないデメリット

  1. データの歪み
    • 社内の人間が頻繁にアクセスするページや機能に偏ったデータが反映され、実際の訪問者の利用状況と異なる分析結果になる可能性があります。これにより、誤った方向性でのサイト改善やマーケティング施策を進めるリスクがあります。
  2. 誤った戦略決定
    • 内部のデータによる影響を受けて、実際には効果の低いマーケティング戦略や広告キャンペーンを実行してしまう可能性があります。これは投資の無駄遣いだけでなく、期待される成果の不達にも繋がります。
  3. SEO対策のミスリード
    • 社員やスタッフがよく訪れるページを重要と誤認して、SEO対策に多くのリソースを割くことがあります。しかし、これが実際の顧客には魅力的でない内容であれば、リソースの無駄遣いとなります。
  4. 顧客満足度の見誤り
    • 社内のアクセスが多い機能やコンテンツを顧客にも人気があると誤解し、それらを改善の優先度として扱うことがあります。しかし、顧客の実際のニーズとは異なる可能性が高く、顧客満足度向上に寄与しない改善をしてしまうことがあります。

これらの点からも、GA4でのデータ分析において社員やスタッフのIPアドレスの除外は、より正確で効果的なウェブサイト運営に必須の措置と言えます。